胃潰瘍とは

胃潰瘍になってしまったら、体からのSOSだと思って下さい。薬を飲んでいる時はよくなるのですが、また日常生活を送っているうちに再発してしまうケースが多く見られます。性格はなかなか変えることが難しいですよね。それに気づいて、体のケア・心のケアをしてあげてください。ストレスのダムが決壊してしまったのです。

胃潰瘍はストレスが原因で起こることが多く、ストレスフルな現代では、もはや「現代病」とも言えるくらい多くの人がかかっている病気です。神経質な人、几帳面な人、ストレスをため込んでしまう人、よく気がきく人、悩みや責任を一人で抱え込もうとする性格の人。胃潰瘍になる原因は、その人の性格と大きな関わりがあり、病院での炎症を止める薬だけ飲んでいれば治るというものでもないようです。自分の性格をよく理解し、あまり無理をせず、自分にあった気分転換法を見つけることが大切です。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、「消化性潰瘍」とも言われています。 治っても再発を繰り返す人がとても多いのです。それを体があなたに伝えているんです。胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、一度かかると一生涯潰瘍になると言われる程、やっかいな病気です。

胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により胃を保護している粘膜が消化されてしまうのです。胃潰瘍になりやすいタイプの人は、次のような人です。かかりやすい年代、性別としては、以前は、男性に多くみられたのですが、最近はその層を広げており、更年期の50代の女性や若い人の発症率も高くなってきています。胃潰瘍の「潰瘍」とは、皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちるという意味を持っています。


全く痛みを感じない

胃潰瘍にかかっていても全く痛みを感じない場合もあるのです。また、口臭は胃潰瘍だけではなく、肝炎・慢性胃炎・胃下垂など、その他の病気でも起こります。胃潰瘍に気が付かないまま、潰瘍が悪化し胃に孔(あな)が空いたケースもあるのです。下血の場合気づかない人も多く、貧血になってやっと胃潰瘍で吐血していると気付く場合も少なくありません。これは胃潰瘍になり胃液が多く出すぎて胃粘膜とのバランスが崩れている証拠です。出血時に一緒におこる症状としては、冷や汗・脈拍が乱れる・血圧低下・激痛などがあります。この段階になって初めて激痛が起こり胃潰瘍に気づくといった場合もあるのでちょっとでも異変を感じたら、早めに受診しましょう。

大量に下血する場合には、早急に病院で検査をすることをおすすめします。胃潰瘍で便に血が混じる場合には、どす黒い便が出ます。出血性胃潰瘍は、潰瘍のできた場所の血管が破れるのが原因と言われています。これは、膵臓(すいぞう)にまで炎症が及んでいると出てくる症状です。胃潰瘍になる原因も様々ならば、個々に出る胃潰瘍の症状も、実に様々な形で体に現れます。胸やけ、酸っぱいゲップなどが起こり、嘔吐、吐き気、食欲不振により体重が減少するなどの症状が出ることがあります。ほとんどが上腹部の「みぞおち」に痛みを感じます。

胃潰瘍は食後に痛み出し、あまり食事を取りすぎると長時間痛みが続きます。また、胸やけは胃液が食道に逆流して起こる症状です。しかし、そのような痛みを感じない人は要注意です。下血は、胃癌や大腸ガンの症状でもありますので注意が必要です。この場合は、胃液が多すぎる場合にみられます。胃酸過多によって起こる口臭、酸っぱいゲップ、胸やけなども胃潰瘍の症状のひとつです。背中の痛みがみられます。

ストレスや食生活の乱れなどが原因で胃の調子がここ最近気になる方はセルフチェックしてみてください。胃潰瘍で腰痛になったという方がおられます。胃潰瘍の自覚症状の90%は腹痛で現れます。また、腹痛が強ければ強いほど、比例して胃潰瘍の状態も悪化しているというのではありません。この便を「タール便」と言います。胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。




暴飲暴食

暴飲暴食、寝る前に食事をとる、よく噛まないで早食いするなど、どれも胃に負担がかかってしまいますのでご注意を。また、十二指腸潰瘍においては9割を占めています。胃粘膜の血流を低下させるため胃潰瘍の引き金となることがあります。どうして胃潰瘍になるのでしょうか?どうして繰り返し再発するのでしょうか?それには、いろいろな原因が考えられるようです。これらの薬は痛みを抑えてくれますが、胃腸の粘膜を荒らしてしまう副作用があるのです。

胃潰瘍の原因の7割以上がピロリ菌とされています。 胃だけでなく、肺にもよくありません。痛み止めやステロイドなどの強い薬や長期にわたる服用などで胃に負担がかかり胃潰瘍になることがあります。以下の胃潰瘍になる原因の中で当てはまる項目はないですか?イライラ、過労、睡眠不足、緊張、不安、手術前などからくる肉体的・精神的ストレスが胃に影響を与えています。 喫煙は「百害あって一利なし」です。

不規則な食生活は胃だけでなく、体の調子も狂わせてしまうので気をつけましょう。ピロリ菌にかかると、まず、慢性胃炎となり、そのごく一部が慢性胃潰瘍などになります。きちんと期間服用すれば治ります。また、大量の飲酒やコーヒーは胃に負担がかかりすぎて胃潰瘍の原因となることがあります。

ピロリ菌は、口から入って感染すると言われています。ピロリ菌が原因の胃潰瘍の場合、抗生物質を1?2週間服用して、ピロリ菌を除去が治療となります。 そのような薬を処方された際には、一緒に胃腸薬も処方してもらうと安心です。刺激の強い香辛料や熱過ぎたり冷たすぎる飲食物を過剰に摂取し続けた場合も胃潰瘍の原因となることがあります。


攻撃因子

胃液の胃酸を「攻撃因子」、胃粘膜の抵抗力や粘液を「防御因子」と言い、健康時は両方のバランスが保たれています。 食べ物を消化してくれる胃液は強い成分で胃粘膜を溶かすほどの力があり、通常、胃粘膜は消化されないように粘液を出しています。こう見てもわかるように、胃潰瘍の発症には、生活習慣が多いに関係してきます。

最近ストレスを過剰に抱えていないか?休息が必要ではないか?気分転換が上手にできているか?など、自分の生活を見直すチャンスでもありますね。胃潰瘍の原因としては、イライラ、過労、睡眠不足、緊張、不安、手術前などからくる肉体的・精神的ストレス、ピロリ菌、刺激の強い香辛料や熱過ぎたり冷たすぎる飲食物をとりすぎること、痛み止めやステロイドなどの強い薬や長期にわたる服用、喫煙、大量の飲酒やコーヒー、暴飲暴食、食生活の乱れなどから発症します。これが、胃粘膜(胃壁)に、何らかの原因で組織が欠損している状態が、胃潰瘍です。

潰瘍というのは、ある程度以上の組織が欠損している状態を意味しています。 よって、病院での投薬治療のみで治りきらないのは、このためです。胃潰瘍は、胃液と胃を保護する粘膜とのバランスが崩れた時に起こる病気です。

胃潰瘍の根治には、なぜ胃潰瘍になってしまったのか原因を見定め、生活を改善していくことが大 事になってきます。ところが、ストレスや服薬で「攻撃因子」が強くなってしまったり、抵抗力の低 下や粘液の分泌が減ることで「防御因子」が弱くなってしまい、バランスが崩れると、胃粘膜が消 化されて傷ついてしまいます。 このように何が胃潰瘍の原因だったのかをしっかりと突き止める必要がまずあるのです。 そしてそれに合った、適切な治療が必要となるのです。



胃潰瘍になってしまう

会社や、家庭の為に本人は一生懸命になっているのに、ストレスが原因で、胃潰瘍になってしまう。 あなたは、ストレス解消法を持っていますか?最近、女子にはやっている山ガールやジョギング。人の性格はなかなか変えることが難しいものです。どのようにストレスと向き合ったら良いのでしょうか。では、このようなタイプの人等が、ストレスを原因に胃潰瘍にならないためにどうすればいいのでしょうか。これが、大事なんですね。

自分で自分の食べたいものを作る、そして食べる。まじめな人ほどかかりやすい病気なのかなと思います。一生涯というと、それはもう、持病のレベルですよね。それほど、根治が難しい胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、どのようなタイプの人に多くみられる病気なのでしょうか?胃潰瘍は、神経質な人、几帳面な人、ストレスをため込んでしまう人、よく気がきく人、悩みや責任を一人で抱え込もうとする性格の人がかかりやすい病気です。どちらも、山に登っている間、走っている間はそのことに一生懸命集中して他の事を考える余裕もなくなってきます。それがいいのです。

最近は男性が台所でお料理をするのも普通になってきました。一度かかると一生涯潰瘍になると言われる程、その人の性格と大きな関わりがあるのです。 年を重ねていくほど、ますます難しくなってくるものです。そうゆう意味では、お料理もいい気分転換になります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、非常に再発率の高い病気です。

まじめ人が一番かかりやすいとは、複雑な気分ですね。日常の悩みから離れ、全く違うことをしてみる。これらもストレス解消にはいい趣味と言えますね。そこで大事になってくるのが、ストレスを溜めないように、自分にあった気分転換法、ストレス解消法を見つけることが大切です。いつもと違うことをするということは、いろいろな発見もあり、あらたな自分を発見できる場でもあるのです。


相互リンク
結婚相談所 大阪



禁煙にチャレンジ

あと、規則正しい生活・食生活を心がけましょう。この際、禁煙にチャレンジするのもいいでしょう。 医療の進歩で、胃潰瘍にかかっても、最近ではほとんどが手術をせずに薬で治療をするようになりました。もう治ったと自己判断で服薬を止めてしまうと危険です。 リラックスすることは、決して悪いことではないのですから。

胃潰瘍になりやすいタイプとして、神経質な人、几帳面な人、ストレスをため込んでしまう人、よく気がきく人、悩みや責任を一人で抱え込もうとする性格の人が挙げられています。最近は、不況続きでストレスを原因に胃潰瘍になってしまう人が多いそうです。緊張状態ばかりが長く続くと、胃だけでなく体にいろいろと支障がでてきます。しかし、再発も非常に多いのがこの病気の特徴でもあります。再発の原因となりますので、医師の指示に従って決められた期間はしっかり服薬してください。

しっかり治して健康な胃を取り戻し、再発を防ぎましょう。 これが、再発を防ぐ最良の方法です。また、自分にあったストレス解消法を見つけることが大事になってきます。胃潰瘍は一般的に2?3ヵ月間の治療で良くなりますと言われています。むしろ、リラックスしたプライベートがあるからこそ、仕事の緊張感が心地よいものになるのだと思います。

きっと改善を早める手助けとなります。胃の負担になる香辛料や高脂肪食、アルコールなどは避けてください。 「ガス抜き」、「休むこと」は、仕事を長く続ける為には、とても大事になってきます。このようなタイプの人にと って、「ガス抜き」は、一見悪いことのように感じるのかもしれませんが、何事にも緊張と緩和は、大事なことです。 アルコール好きの人にとっては大変かもしれませんが、これはとても重要な作業なのです。




タバコは胃液の分泌をうながす

バリウムを服用後、体の向きをいろいろと変えて撮影します。また、タバコは胃液の分泌をうながすため、検査前の喫煙は禁止です。皆さんも、経験あるでしょうが、どちらも、一歩引いてしまうような検査ですよね。そして、胃潰瘍の検査方法は二つあります。「胃カメラがのどを通る感じがどうも苦手!どうしても、ウエッとなってしまう!」という方には、こちらをおすすめします。

最近は、鼻から行う内視鏡検査もあるんです。 鼻から行う内視鏡検査は私も経験済みですが、思ったより平気であっという間に検査終了でした。ただ、女性は男性より、鼻の穴が細い為、鼻からの検査が難しい人もいるそうです。人間ドック、健康診断を専門に受けている医療機関も最近では増えてきています。胃潰瘍の大きさや潰瘍の周りの粘膜、胃壁、変形の様子を観察します。

胃カメラが鼻の穴に入ってしまえば、あとはスルスルと入ります。潰瘍の状態を観察し、胃潰瘍の原因とも言えるピロリ菌の有無、病気がどの程度すすんでいるのかなどの症状を観察します。ストレス、ピロリ菌、食生活の乱れ等、胃潰瘍発症の原因も実に様々ですね。検査前の注意事項としては、検査前は胃の中を空にしておく必要がある為、前日の午後9以降は食事はぜず、当日は飲食することはできません。そのようなところは、毎日何人もの胃カメラ検査をしている為、検査をしてくれる技師の方も大変慣れているように思います。

胃カメラが喉を通る時に少し抵抗感がありますが、5~15分ほどで終わります。 二つ目は、胃カメラ(内視鏡検査)です。なので、そんなに苦しむことなくスムーズに検査してくれるので安心ですね。一つ目は、レントゲン検査(X線検査)です。 このように胃のチェックには様々な方法があります。最近では胃カメラでもカプセルタイプ で飲むだけの物もあるくらいです。ただし、この最新式のものは、まだほとんどの病院でおいていないのと、 値段も高額になってくるので、その点は知っておく必要があります。